2017.11.13 メルカリで
メルカリで結構売れてここ2,3日忙しかった・・。
以上です。

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017.10.04 うわっマジか
コメントが全部消えてる???いつから???
このまえ色々弄った時から???
マジか
また恐怖体験を書くぜ。内容は薄いが、長文になるはずだ(^^
20年位前の話だ。
俺は九州に2回車で行ったことがあるんだが、その2回目の時、一人旅での事だ。

九州へ向かう道中、近畿から中国地方付近の山道で夜を迎えた。
(腹が減ってきたなぁ)
もっと手前の町中で食堂なりなんなりに入れば良かったんだが・・。
そんなに狭い山道ではないが、実に寂しい山道だ。何もない。
幾つめかのカーブに設置されているガードレールに赤いスプレーで何か書いてあった。
   出るぞ
うっ・・出るって・・何が(;´Д`)
ま、まぁ気を取り直して、改めて腹減ったなぁ・・というところで、ドライブインというかコインスナックを発見した。
砂利の駐車スペースに車を止める。
周りに山林しかない薄ら寂れた建物だ。当然のように自分の車しか止まっていない。
そんな事は気にしない気にしない、いざ突入・・ガッ、ガッ、ガラガラッ・・戸の建て付け悪ぅ・・。
外から見た印象通り、寂れたドライブインだ。蛍光灯もチカチカして薄暗い。
壁際には古いゲーム機や自動販売機が隙間なく置かれ、中央付近に長テーブルが二つと10個程のパイプ椅子が置かれていた。
あとはトイレマークの付いた扉と、事務室?の扉が入口から向かって右奥に二つ並んでいた。
当時ゲーム好きだった俺は一通りゲーム機のラインナップを見回る。
懐かしい・・スーパーリアル麻雀PⅢがあるじゃん。飯食い終わったら一回プレイすっかな。
自販機ラインナップの中から俺はラーメンを選んだ。
若い方には分からないだろうが、こういう所には大体麺類の自販機が置いてあったのだ。
http://rectusnado.blog39.fc2.com/blog-entry-526.html
↑過去記事のポピーとよさか。これのそばうどん自販機のラーメンバージョンといったところだ。
ここでラーメンを選択したことがこの後の運命を大きく変えるとは・・この時は知る由もない。

大雑把な見取り図だが、”大体”こんな感じだ。
これの黒の椅子に座り、ラーメンを食べ始めた。
一口二口食べた頃、突然背後からジャリッという音が聞こえ、ビクッとなり振り向いた。
そこには一人のジジイがいた。
えっ、このジジイどこから現れたんだろう・・。
入口は閉まっているし、建て付けが悪い戸の開く音も聞こえなかったし・・。
ただ、対戦ゲームが置いてあったので、俺がゲームを見回っている間に事務室?かトイレから出てきて丁度対戦ゲームの陰になってジジイに気付かなかった可能性というのが考えられた。
おそらく管理者なんだろうな、と考え、軽く会釈後、こんばんはと挨拶した。
ジジイは無反応だった。
ま、ジジイの反応なんて割とこんなもんだよな、と、ラーメンに向き直り食い始めると、ジャリッ、ジャリッと音を立てながら(床がコンクリっぽくて突っ掛けが擦れるような音)ゆっくりとジジイは歩いてきて、見取り図でいう赤の椅子にこれまたゆっくりと座った。
(うわぁ食いづらい・・)
とは思ったが、気にしないように再び食べ始め、自販機ラーメンにしては珍しく大きめなシナチクを口に入れたその時だ。
「シナチクは好きかね」
唐突にジジイの口からそんな言葉が発せられたのだ。
(シナチクハスキカネ)
予想外の質問に一瞬戸惑ったが、俺はこう答えた
「ん~、好きでも嫌いでもないですかね・・」
その返答を聞いてか聞かずしてか知らないが数秒おいてからジジイはこう言った
「シナチクなんてものはなぁ・・飾りだと思うんだよなぁ・・」
俺は「はぁ・・」と間の抜けたような返事をしてその時初めてジジイの顔をまじまじと眺めた
「!」
このジジイの目、黒目しか無ぇ!
薄暗い照明のせいで瞼の陰になっているのか?いや、どう見ても黒目しかない・・。
そういう目の病気なんだろうか?
何か見てはいけないものを見た気になり、俺は目を逸らした。
そしてまたラーメンをすすり始めた。さっさと食い終わってこの場から離れよう・・と。
だが食い終わる前にジジイがゆっくりと立ち上がり、またジャリッ、ジャリッ、と音を立てて歩き、見取り図の青の椅子にゆっくりと座った。(軽~くさりげない感じで振り向き確認)
(う、背後を取られたっこれはこれで食いづらい・・)
しかし俺は早食いな方だ!もうラストスパートに入っている!
速攻で食い終わり、立ち上がり振り向くと・・
ジジイ居ねーでやんの(;´Д`)
(あ~~~出た出たお化けだ、あ~~~~~)
超スピードで出入口に向かい、やっぱり建て付けの悪い戸をガッガッガラガラッと開け、車に飛び込んだ。
ゾンビ映画ばりにエンジンが繋らなかったらどうしようと思ったが、そこは技術の日産、一発で繋り、恐怖のコインスナックから脱出成功したのであった。
そして・・
幾つめかのカーブのガードレールには赤いスプレーでこう書かれていた

  出ただろ

「うん、うん、出た、出た!」
と、涙目で声を出している俺がそこにあった。

おわり

ネタ臭いっすか?実話だよ。
友人に話した時も、「お化けがシナチクがどうとか言うかぁ?」とか言われたしな(^^
「お前の勘違いで只のジジイだろそれ」とも言われたね。
俺は前回のと、この件だけは絶対お化けだったと今でも思っているけどね。

再びおわり

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
2017.01.27 心霊体験
怪談といえば夏、なんだろうが、ふと思い出したので我が人生で最高に怖かった体験を書くぜ。

俺がまだ20代前半だった頃。
当時のマイブームが、一人キャンプだった。
弟が乗らなくなった原付オフロードバイクを借りて適当な場所へ行き、キャンプをするというただそれだけの事が楽しかった。

夏も終わり秋風も心地よいある日。
その日はあまり遠くへ行く気分じゃなかったので夕方と夜の境目、薄暗くなってから、近場の河原へ行きテントを設営した。
割と大きめの石ばかりの河原で、テントの床(?)部分をフラットにするのが大変だった。
テント設営後は夕食の準備。
夕食・・インスタントラーメンだけどな!
当時俺はバーナーを持っていなかったので、河原をうろつき木の枝や破片を集め火をおこし、ラーメンを作って食べた。
何か知らないけど最高に美味く感じるんだよね。

夕食後、とっくに真っ暗になっている一人だけの静かな時間。
僅かなせせらぎと虫の音が聞こえる中、残り火をチョイチョイと木の枝で弄りながら物思いにふける。
最高の時間だ。何か知らんが最高に楽しい。
何時間経っただろう。追加投入する木の枝も尽き残り火も炭に変わり、そして灰に変わっていた。
気付けば体も少し冷えてきていた。
まだ眠くもなんともなかったがテントに入って入口のファスナーを閉め、寝袋に手を伸ばそうとしたその時だ。

「せんせ~ぇ?(先生)」

背後、今さっき閉めたテント入り口のすぐ外から女の子(中学生位?)の声が!
ビクッとなり一瞬で汗が噴き出した。
リアル女の子?有り得ないこんな石だらけの河原、音もたてずに接近するのは不可能だ。しかもこんな場所こんな時間に。
聞き間違え?何の音を?顔や背格好が想像できる程、もろ女の子の「先生」だった。
幻聴?あるとしたらこれだ。だが眠くも無ければ意識もはっきりしていた。
時間にしてどの位だっただろう。30秒?一分?
俺が取ったファーストリアクションは
「違うし・・(先生ではないですよ)」
まさかのマジレスであった。

その時まだ俺は入口の方を振り返る事すらできずにいた。
とにかく怖い。
だがずっとこうしている訳にもいかない。
ゆっくりと音を立てないように懐中電灯を入口に向けると・・
入口がいつの間にか半分開いていて、目を閉じ口をパクパクしている女の子の顔だけがあった。
俺は生まれて初めて気絶した。

おわり

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
2017.01.22 庭の雪
毎年一回はアップしている気がする庭の雪の様子。
庭の雪170116
5~6日前に撮った画像
小屋が潰れないか毎年心配になる(;´Д`)
もう積もらないでほしいなぁ。

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
2016.12.04 怪奇現象の主
嫁が昨日、「誰もいない時、二階から子供が走り回る音が聞こえてくる時があるんだけど」
などという怖い話をしてきた。
そういえば10年くらい前にもそんな話をしていた事があったが、原因も分からぬままその怪奇現象は発生しなくなったといっていた。
夜勤や夕方勤の時、俺は二階で一人で寝ているがそんな音は聞いたことも無かったんだが・・。

俺は予定もない休日は昼前まで寝ていたりするんだが、今日はいつもより早く起きた(目覚めた)。
屋根の上を子供が走り回っているような音が聞こえてきたからだ!
(こっ、この音の事か~!)
と、飛び起き、ベランダに飛び出して屋根の上をガッ!と見たら・・・・
カラスが飛び立っていった。
カラスかよ・・。
昨日嫁が話してきた時、似たような話がないかとググった時に
{合金製屋根の上をカラスが走り回るとまるで子供が走り回るような音に聞こえる}
といった話もあった。(それはねーよ)と思っていたんだが、うちの場合はこれが正解だった。
カラスの体重を考えたらあんなドッドッドッという振動を伴った音がするとは思えなかったからだ。

10年以上、この怪音がしなかった理由も合点がいった。
10年くらい前、家の近辺はカラスが多かった。
だが、ゴミステーションを荒らすわ鳴き声がうるさいわということで自治会が市に相談。
市が猟友会に依頼し、見事カラス軍団を綺麗さっぱり追っ払ってくれた、という事があった。
それからというもの、近所でめっきりカラスを見なくなっていたが・・。
そのカラスも世代が変わり、最近ちらほら見かけるようになった。

思ったより長文になった。以上

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村


2016.11.24
いよいよ冬だのう。
昨日コンビニに立ち寄った際、撮った画像。
山頂の雪161123
山頂から雪が進攻してきておるわ・・
今朝は東京で雪が降ってるとかでTVで大騒ぎしてる。
首都で雪が降るのはほとんど積もらなくても影響が大きいって事だわな。

以上

↓クリック↓お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村