ウスタビガの翅には透けている部分がある。
虫に詳しい人なら良く知っている事であろうし、虫に詳しくない人にとってはどうでもいい事である。


こんな感じで透けている

ウスタビガ♂
ウスタビガ♂2

ウスタビガ♀
ウスタビガ♀2

実際見てみると、何か (お~) なんて思ってしまうものであるのだ。

スポンサーサイト
2009.05.23 蛾を展翅
今週捕った蛾の一部を展翅した。
蛾展翅
・・という記録。

まだ未展翅のがイパーイある。

展翅スピードアップが当面の課題・・。
2009.01.16 標本の油
展翅、乾燥していたウスタビガ、残念ながら油が出てしまった。

ピンの部分から油が出て黒ずみ
ウスタビガ油が・・
左後翅のテカリも

とある方に伺ったが、油が出ないようにするこれといった対処法は無いとの事。
残念・・。甲虫であれば事後処置もできるんだが・・。

仕方ない、裏は影響なかったので裏展翅にした。
ウスタビガ裏展翅
表の色合いの方が好みだが裏もまぁ綺麗だから・・これでもいいか・・。

2008.11.28 蛾の展翅
10月半ばに捕ったウスタビガを展翅した。

の展翅は初めての事なのでどんなもんだろうと思いつつ。

見合ったサイズの展翅板を持っていない為、あり合わせ展翅板を用にした。
ウスタビガ
こんなカンジ。

出来上がり
ウスタビガ2
撮影後、右後翅の狂い修正。
さらに右前翅、腹部の狂い修正。


アンテナ(触覚触角)の処理でチョット戸惑ったけど、まー、チョウもも同じだなー。
あとオオミズアオエゾヨツメホウジャク数種を標本に出来たらいいな~と
思っている。
の標本はそれで終了。

嫁が起きてきたのでサッサと片付け。
、弄ってたら流石に何か言われるな。
ガもチョウも大して変わらね、は普通の人には通じない。