2008.08.28 ベタの稚魚
ベタの卵がパカッと割れて稚魚が出てきた。
見てないですけど。
ベタ稚魚3
小さいオタマみたいだ・・。
しかし動きがすでにベタなんだなぁ・・。何か感心。
この個体たちはインフゾリアでも食って育てと少々放置していた。


早々とブライン食わせた個体たち
ベタ稚魚1
ベタ稚魚2
小さいオタマは既に脱し、もう完全にベタ状態。
ブラインはやはり違うもんだなと痛感し今はみんなブラインあげてます。

湧け湧け!
ブライン
ブクブクブクブクブクブクブク・・・・・・
約7年間、冷蔵庫の奥底で眠っていたブラインですが孵化率は全然問題ないです。
目覚めよ!そして食われよ!




スポンサーサイト
ウチのポリプ達です。
名前とか間違ってたらスンマセン。
名前コロコロ変わるんでもうかなり前から把握してないです。

ビュティコファリ
ビュティコ
とにかく成長遅いポリプです。
5年位前に17センチ程で購入したんだけどほとんど当時とサイズ変わってません。
そして一度も餌を食っている所を見たことがないです。
プランクトン食か?まー冗談です。

デルヘッジ(右の奴)
エンドリとデルヘ
デルヘジーとかデルヘッジとか。人によって呼び方が違いますが。
どこの養殖ものか判りませんが、バンドがチョコっとしか無いです。
バンドというかスポットですね。
独特の緑色がキレイだから良いです。スタイルもカコイイ。

オルナティ
オルナ
この個体はいつもどこかに挟まれたがります。
大体どこかに挟まっています。
購入当時はそれはもう鮮やかな色彩でしたが段々ぼやけてきました。
それがデフォなんですが。
... 続きを読む
パラレリ22ミリ
パラレリ
これもかわええクワですね。
ムシモンより艶がないのが良いような悪いような??どっちだ!好みでしょう。

ムシモンより大きくなりづらいみたいです。
小さくてもいいじゃない ぱられりだもの    ムム
2008.08.23 ムシモン
ムシモン31ミリ
ムシモン
北アフリカ産
どるくすさんから幼虫で頂いた個体です。

かわええのお~・・むしもん・・。
頻繁に愛でたいところをグッと抑えなければならない罪なクワガタです。
人工蛹室にて羽化したコクワ君。
コクワ54ミリ手の平

せっかく大きめなのにな~。
完品だったらかっこ良かっただろうなぁと思いましたがこの血ではこのサイズが限界なのかなぁとも思ったり。
コクワ54ミリのぎす
54ミリ


今回羽化した♂は6頭ですが、他の個体は全て完品で良かった良かった。

コクワ50ミリ
これは50ミリ位。
お尻がまだ少し出てますね。

2008.08.22 トカラコクワ
トカラコクワ
トカラコクワ
何と言うか、艶っぽいコクワ。んで細い。
色も赤っぽくてきれい。

本土コクワよりも簡単に産卵しました。まぁ産む気満々の♀だったというだけの事でしょうが。

ネブトクワガタ
灯下で初めて捕まえたネブト♂。
♀が捕れれば飼育しようかとも思いましたがチョット捕れないのでやめました。
今晩か明日、捕ってきた付近に逃がしてきます。
でもカッコいいクワガタだなぁ。
地元産ネブト、ブリしたかった~。
送って頂いたスジクワ、絶対幼虫採る!と気合を入れた甲斐あってか、無事採れました。
スジクワ幼虫1
初令とはいえやはりコクワとは全然違う雰囲気・・。
スジクワ幼虫2
相変わらず上手く撮れないorz

大まかに割り掘りして6頭確認。
取り敢えず3頭、ビンに投入したところで残りは埋め戻しました。
べっ・・別に面倒になったわけじゃないんだからね!
1週間~2週間後位に全てビンに投入します。

しかしホッとしました。採れて。



2008.08.09 水槽改造の巻
さてさて、今回の記事はベタ用に水槽改造する、の巻、です。
はぁあ~~?またベタ?クワの話しろや、という声が聞こえてきそうですが・・汗

何とかオスを一つの水槽で飼えないかと思い、作業に踏みきったのが先週。
水槽を仕切るセパレーターなる物が売っておりますがベタ♂には少々使い勝手が悪いのです。

準備したもの
ベタ水槽準備
らんちゅう水槽アクリル板(透明と黒)、ボール型濾材リング濾材は新規で購入。
らんちゅう水槽にしたのは取り回しを考えてです。
底面濾過器は押入れの隅で眠っていた。久しぶりに使うなぁ~。


まずは・・
水槽上枠に印を付けて・・
ベタ水槽ワクに印

前面と背面にグラインダーで均等に切り込みを入れる。
ベタ水槽ワクにグラインダー後
失敗したら・・という想いが少々頭をよぎったが何とかうまくいった。

んで透明なアクリル板を水槽奥行きの長さでカット。
画像は黒いアクリル板ですが。
ベタ水槽アクリル板切り準備

パキン!
ベタ水槽アクリル切り後
ベタ水槽アクリル全部切り終え
上手く切れました。
透明なアクリル板は奥行きの長さ、黒いアクリル板は奥行きの半分の長さでカット。


切り込みにアクリル板をはめ込んでみる。
ベタ水槽切り込み後透明アクリル
ベタ水槽透明アクリル刺してる
ベタ水槽透明アクリル刺し2
順調!


透明な仕切りではフレアリング大会になってしまうので黒いアクリル板をはめてみる。
ベタ水槽黒アクリル刺してみてる
奥行きの半分の長さでカットしたのはライトと奥側のガラス蓋をどかさなくても
手前側黒アクリルを外し、フレアリングトレーニングできるようにと考えたからです。


さてと、何となくカタチが・・
ベタ水槽こんなカンジ
出来てきました。
ベタ水槽何となくカタチが出来てきた


底面濾過器のスリットにアクリル板がハマって斜めになってしまうので・・
ベタ水槽底面フィルタに貼る板
アクリルの端材を接着。
ベタ水槽底面フィルタに板を貼った
一応ドリルで穴を開けて水流を確保。あんま意味無い。

アクリルの下側のグラツキを押さえる為にボール型濾材、リング濾材を入れて水も入れた。
ベタ水槽水を張ってみた
何となく上手くいったように見えるが大きな問題が・・。


アクリル板を差し込む際、ボール型濾材とリング濾材表面のザラザラに引っ掛かって、さwさwらwなwいww
画像撮影の時は無理やり差して撮影したのです。5分以上掛かった。
濾過能力なんかに期待してたわけじゃなくて、球状なら簡単にアクリル刺さると踏んでの購入だったのに・・。
今回唯一の失敗です。



どうしたもんかな~と考えて思いついたのは・・




ベタ水槽ビー玉
コレダ・・これしかない!ビー玉です。
ちなみにこの分量で5000円程しました。

そのビー玉をザーッと敷いて水を入れて、完成です。
ベタ水槽完成
ビー玉だとアクリル板もスムーズに刺さるようになりました。


ベタ水槽付近撮影。
ベタ水槽完成後の光景

手前に写っている小さな小さなアクリル水槽は自作です。
正直これを沢山作ったほうが良かったような・・そんな気がしています(うっそ~~ん)

最後に思ったのは、ワクに入れた切れ込み、あんなにいらなかったな~って事でした。
水槽強度は確実に低下するし・・。

これかららんちゅう水槽をベタ水槽に改造を考えている方はお気をつけて!いねーよww