2011.08.29 プラケを磨く
プラケも使っていれば段々と曇ってくる。
ひょんな事から曇ったプラケを磨いてみたいと思った。

ウチにある磨きアイテムを集めてみた。
kennma 001
あれ・・タミヤのコンパウンドがない。どこいったかな。まあいいや。

この中でプラケ曇り取りに使えそうなのは・・
kennma 002
エントリーナンバー1
日本磨料工業 ピカール
俺的にコスパ最強と判断した。

kennma 003
エントリーナンバー2
ホルツ スーパーファイン・コンパウンド・超極細
粒子が0.2ミクロンという。期待できる。

kennma 004
エントリーナンバー3
ウイルソン 鏡面コンパウンド
光学レンズ磨き用粒子という。これも期待できる。

kennma 005
エントリーナンバー4
サンスター オーラツー
ステインクリア。歯本来の白さへ。

以上、4つを使ってみた。


まず、ピカール。
まあクリアにはなるが、若干曇る。
やらないよりは全然クリアだが、期待が大きかっただけに、ちょっと肩透かし。

続いてホルツ超極細。
凄い透明感。磨き心地も楽。
本気になって磨きまくれば新品同様だろう・・。

そして、ウイルソン鏡面。
これも透明感抜群。ホルツと比べると気持ち劣るか?殆ど同じレベル。
磨きやすさはダントツ。

最後にサンスター歯磨き。
歯磨きだし期待も何もなかったが、案外クリアになる。ただの思いつきで使ったんだが・・。
磨かないよりは全然いい、てかピカール並み?
ただ磨きにくさはとんでもない。凄く疲れる。


つーわけで俺の一番のお薦めはホルツとなった。
ほぼ同じ評価でウイルソン。

磨く前イメージ
kennma 008
磨く前のプラケを撮影し忘れたので磨いていない他のプラケを撮影し、磨く前イメージとしたが、まあ同程度の曇りだった。

ホルツでササッと磨き後
kennma 007
これは実際に磨いたプラケ。隅々は無視してササッと磨いただけだが、この透明感。

研磨後は食器用洗剤でよく洗い流し、乾燥させる。

我ながら感じの悪い文章があったので消した。





スポンサーサイト
2011.08.26 盆休みに
盆休み中に海へ行った。
一泊二日で、笹川流れへ。
笹川流れ

笹川流れ2
去年はタイミングが悪く肌寒かったが、今年はジリジリと暑く、最高だった。

潮鳴亭に宿泊。
晩飯が豪勢で最高。
・・去年も同じ事書いたような気がするが。
潮鳴亭
潮鳴亭2

潮鳴亭3
潮鳴亭4
潮鳴亭5
潮鳴亭6
潮鳴亭7
潮鳴亭8
潮鳴亭9
潮鳴亭10
満腹どころの話じゃない。超満腹だ。

また行きたい。


晩飯食いに。
2011.08.12 ゼリー評価
ゼリーを評価してやるとするわ!

評価するゼリーはこれだ。
zeri- 001
1000ml菌糸ボトルみたいのに入ってる。
キタノ商事・・輸入元か。原産国台湾とある。なるほど。


フタの剥がしやすさは・・
zeri- 003
駄目だな、かなり硬い。

液ダレ・・
zeri- 002
・・多いな。
まあコレに関しては好き嫌いありそうだが、俺的にはアレだ。


最後に食いつきだ・・
zeri- 004
うおっ!スゲー食いつきだ!
口内炎で拒食ぎみだった5歳児が物凄い勢いで食いついてる!


以上、マンゴーフレーバーのナタデココ入り人間用ゼリーの評価でした。
何が起こるのか、分かったもんじゃない。
先月半ば過ぎ、虫部屋のエアコンが停止していた。
理由は分からない。
故障なのか瞬間停電なのか分からないがとにかく止まっていた。
自分で止めたとか家人が止めたとかではない。
俺は頻繁に虫部屋には入らないのでいつから止まっていたのか分からない。
室温が尋常じゃなくなってた。
入った瞬間(全滅)という言葉が浮かんできた。
だが!
クワガタは生きていた!(一部)
幼虫、蛹は全滅していたし、成虫も8割以上死んでいた。

頂いたクワの子孫達の多くが死んでいたのが一番堪えた。

これからは毎日虫部屋を覗くつもりでいる。



ハナムグリは全て蛹(繭玉?)だったのだが殆ど生き残っていたようで意外だった。
ぞくぞくと羽化してきている。
ただ、キョウトアオではなかった。